ホウレンソウやブロッコリー

「妊娠と言えば葉酸」というように、この二つは切り離して考えることは出来ません。その理由は、妊娠初期に十分な葉酸を摂取する事で、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。持ちろん、妊娠中だけでなく、妊活中の女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)にも同じことが言えますよね。妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、妊活中を初めた早めの段階で、食事やサプリによる葉酸の積極的な摂取を心掛けることをオススメします。葉酸とは野菜などにふくまれているビタミンBのひとつで、代表的なでしょうと、ホウレンソウやブロッコリーに多くふくまれています。葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)に欠かせないものだと言われています。なぜなら適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果が見込める為です。また、流産といった危険性を避けることが出来るという報告があるのです。厚生労働省の発表によりますと、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸のサプリメントで不足分を補給しても問題ありません。妊婦における葉酸の効果は皆さんご存知の通りですが、一番理想的な摂取方法は、やはり日常の食生活の中で摂取出来るのが良いと思います。葉酸はビタミンの一種で、多様な食べ物に入っている栄養素です。その中でも含有量が多いものは、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多くふくまれています。あるいは納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多くふくまれています。ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのが難しいという事もあるでしょう。特に妊娠初期は、つわりなど体調が不安定になりがちですので、食事自体がつらいという時もありますね。沿うした時にはサプリを飲向こともエラーではありません。サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、食事で得るものよりも効率が良いと言われていますし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに摂取できます。一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といった青菜系の葉菜が多いでしょう。病院の検査で妊娠が分かってから、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、おなかの赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があるという話があります。毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取してもいいでしょう。納豆やホタテといった貝類も、葉酸を多く含んでいる食材ですので、こうしたものを摂取するのをおススメします。妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取する事で胎児の先天性神経管異常といった障害を発症させにくくするという効果が判明しました。そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取する事を厚生省が推奨しているんです。今では補助食品や葉酸サプリメントも多数販売されており、葉酸が多くの方にとって必要欠かす事の出来ない栄養素だという事が分かります。また種類によってはトクホ(特定保健用食品)に指定され、妊婦が利用する場合もよく耳にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です