天使のほほえみ

用事を済ませようと電車に乗っていた時のことです。私は、ボックス席の窓側に座っていました。そこへ大きなリュックサックを背負い、赤ちゃんをだっこしたママさんが座ってこられました。座席に座られてから赤ちゃんにご飯をあげたり、膝の上で遊ばせたりと大変そうでした。途中の駅で運転を見合わせたこともあって、車内は徐々に混雑してきていました。ママさんが降りる駅が近づき、降りる準備をし始めます。しかし、赤ちゃんをだっこしながらでは大きなリュックを背負うのが難しい様子でした。すると、隣に座っていたおばさんが肩紐をかけてあげました。お礼を言いながらママさんがドアの方へ向かおうとした時、赤ちゃんの靴下を落としてしまいました。そこで、私が慌てて拾ってあげました。再びお礼を言いながら去って行くママさん。その肩越しにママさんにそっくりの赤ちゃんがこちらに向かってにっこりと笑顔を見せてくれました。今日一番幸せな気分になれた瞬間でした。http://www.julesbianchisociety.org/