永遠のテーマ

妊活中の話ですが、産み分けについて興味があったので、本を買って読みました。上の子が男の子でしたから、次は女の子を授かりたい、と考えていました。排卵日の特定や時期の調節など、あくまで自分の出来る範囲でですが、産み分けを実践していました。その後、無事に妊娠し、赤ちゃんの性別を先生に確認するまでは期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、無事に女の子を妊娠することが出来ました。妹が出来た、と家族で喜んでいます。みんなご存知のように、胎児は細胞分裂しながら成長します。この時に葉酸が大変重要なはたらきをするのです。葉酸は食品に含まれているほか、葉酸のみを抽出したサプリ等も販売されています。ですが、この葉酸は単体では吸収率が低下するという特質があるために、葉酸単体では無く、総合のサプリメントの摂取が効率的でしょう。総合サプリメントは大変利便性が高いサプリですが、妊婦にとって一体どの成分に注目すればよいのか分からないですよね。簡単な判別方法としては、信用できる赤ちゃん用粉ミルクの成分を目安に、サプリを選んでみましょう。粉ミルクには赤ちゃんに必要な成分が揃っていますので、それを目安にサプリを選べば安全です。妊娠を要望する多くの方はご存知だではないでしょうかが、妊活において最も特に、注意が必要なものと言えば、やはり普段の食生活だではないでしょうか。妊活とは、夫婦生活を含めて妊娠しやすい体づくりを進めるというものです。妊活中の女性はいつでも妊娠する可能性がある理由です。妊娠が発覚するよりも前の受胎時の段階で、十分な栄養で満たされているように、妊活中から健康的なご飯を心がけてください。妊娠初期には不足しがちな栄養素がいくつかありますが、なかでも葉酸はこの時期に必須となる栄養素です。当たり前の事ですが、妊娠検査薬が反応するよりも前からオナカの中の受精卵が成長を始めています。出来るだけ早く十分に葉酸を摂取できているというのが、胎児にすごくママにすごく適切な妊活だと言えますね。妊活中は、ホルモンバランスを正常に整えることにも気を配る必要があります。ヨガはダイエット(飽食、運動不足の現代人にとっては、永遠のテーマかもしれません)やスタイルキープのためにおこなうと思っている方も多いかもしれませんが、妊活にも大変効果が高いのです。ヨガによって血行が良くなると、ストレスの解消にも繋がります。さらに自律神経を正常に働かせる作用があるので、ホルモンバランスが整っていくのです。インターネットを利用すれば簡単にヨガの動画が見られますので、ヨガ教室などに通わなくとも、ご自身の都合に合わせていつでも始められます。軽く息が上がる程度の運動は新陳代謝を良くし、体をほぐすことに繋がります。こうした運動は心と身体のバランスを整えてくれる効果もありますから、簡単に実践できる妊活のひとつだと言えます。不妊に効果のある食べ物というと、手近なところでは豆腐・納豆、魚といった和食の基本的な食品でしょう。ほかにも卵、ごま、レバーがありますが、野菜ではブロッコリーが良いですね。母体造りに必要な栄養が豊富に含まれますから、摂取が推奨されます。また、栄養バランス良くいろんな食材をとるのが理想的な食生活というのに変わりはありません。また、体を冷やすという食べ物は妊娠を妨げるものが多いので、避けたほうが無難です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です