男性側にも実践

不妊体質とストレス。この二つは密接に関わっています。生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、妊娠を妨げる種々の症状を引き起こすことがあります。周囲の励ましや期待などが負担となったり、本人の不安などが不妊治療に通ううちに重積してくるパターンもあって、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。穏やかな気持ちで治療を続けることは大切かもしれません。葉酸の摂取について、最も理想的なのはご飯で摂る事です。葉酸はさまざまな食材に含まれていますが、含有量の多いものといえば、夏が旬のモロヘイヤですとか、小松菜、菜の花などを挙げることが出来るでしょう。また、他にも納豆や枝豆、ホタテもそうです。ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのが困難な方も多いと思います。普段の生活や体調によっては無理をせずに、サプリを飲むことも間違いではありません。サプリには、葉酸をはじめ女性に不足しがちな成分を含んだものもありますから、ご飯では摂りきれない栄養素を手軽に摂取できるという訳ですね。妊娠が発覚した後、葉酸を摂取し始め立という方が多いのではないでしょうか。それと一緒に、一体いつまで葉酸を摂取するべきなのか、といった疑問もよく耳にします。赤ちゃんの為に摂取をされているという方は、妊娠している間に絞って摂取を行うという方法でも良いと思います。しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも様々に活躍してくれます。たとえば、体のバランスを整えるために葉酸は不可欠の栄養素ですので、赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で健康の手助けとなってくれますから、ぜひ出産後も葉酸の摂取を続けましょう。皆様は、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温やご飯の管理など、ほとんどの活動は女性側が実践するものがよく紹介されています。しかし、男性側にも実践していただきたい妊活があります。それは、普段のご飯の中で葉酸を意識して摂ってみて欲しいという事です。ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは母親側だけの問題かというとそうではなく、男性側の問題だというケースもあります。男性の精子に染色体異常があると、受精卵が着床しにくくなるのです。質の高い精子を造り、染色体異常のリスクを低減するためにも、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみてちょーだい。二人目が欲しかったのですが、中々授からないので産婦人科に行きました。ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、一度言ったら気が乗らないふうだったので、まず、排卵周期をしる「タイミング療法」でトライしてみました。月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、妊娠できなくて、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、私はラッキーだったのか、ほどなくして下の子を授かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です